貧乏パックでお肌がツルツルになりました

加齢と共にお肌がどんどんカサカサになってきて、一生懸命保湿をしてもイマイチ効果が実感できないなと悩んでいました。だからといってエステに行くわけにも家計を圧迫してしまうような高価なスキンケア用品を買うわけにもいきません。平凡な主婦に相応しいドラッグストアで購入できる商品で何とかしてきたのですが、何かもっとお肌に潤いを与えられるいい方法はないものかと思いネットを駆使して探してみることにしました。そこで見つけたのが貧乏パックです。

パックってお肌がとてもしっとりするんですが、1枚当たりのコスパが高くてあまり使ったことがありませんでした。ですがこれは、顔の大きさに切り取ったキッチンペーパーに目と鼻の位置に穴を空け、数百円で売っている500mlたっぷり入った化粧水をひたひたに浸して顔に載せるだけというお手軽激安パックです。家であるものでできるならこれは真似するしかないと思って早速挑戦しましたが、夜化粧を落として5分間パックをしてそのまま普通にケアをするだけで翌朝しっとりもっちりになってくれました。週に2回くらいのケアで旦那から顔がツヤツヤしてきたねと褒められてガッツポーズです。

お金を掛けなくてもこんなにお肌が綺麗になるんだなあとアイディアにはビックリしました。もっと探せばいろいろな美容テクありそうなので試してみたいと思います。

SNSでもご購読できます。