リボンチョーカーにハマっています

私はチョーカーが大好きで、今、ちょうど流行していて、いろいろなチョーカーを集めていますが、その中でもAREYOUAMI という名前のブランドが出している細い革紐のリボンチョーカーが気に入って、どうすれば買えるのか調べてみたのですが、アメリカで54ドルで売っていて、ただの細い革紐にしては高いな、と思いました。

そこで、たまたま知ったフリマのフリルでハンドメイドのアクセサリーのサイトを見ていたら、にたようなチョーカーが出ていて、580円くらいで買えることを知りました。

最初はちょっと細い500円のリボンチョーカーを買いましたが、かなり気に入り、もう少し太めのリボンチョーカーをまた買って、使っていました。するとフリルで唯一というAREYOUAMI と同じような細い革紐を使ったらリエット式のチョーカーが1200円で出ていたので、注文することにしました。全くAREYOUAMI と同じような感じで、1200円で買えてよかったな、と思いました。それまでは1600円で売っていたらしくて、材料がたくさん入荷したので、400円値引きになったということでした。チョーカーはいくつあっても使うものなので、すごくいいと思いますし、ハンドメイドは安くて手に入るのでラッキーでした。

貧乏パックでお肌がツルツルになりました

加齢と共にお肌がどんどんカサカサになってきて、一生懸命保湿をしてもイマイチ効果が実感できないなと悩んでいました。だからといってエステに行くわけにも家計を圧迫してしまうような高価なスキンケア用品を買うわけにもいきません。平凡な主婦に相応しいドラッグストアで購入できる商品で何とかしてきたのですが、何かもっとお肌に潤いを与えられるいい方法はないものかと思いネットを駆使して探してみることにしました。そこで見つけたのが貧乏パックです。

パックってお肌がとてもしっとりするんですが、1枚当たりのコスパが高くてあまり使ったことがありませんでした。ですがこれは、顔の大きさに切り取ったキッチンペーパーに目と鼻の位置に穴を空け、数百円で売っている500mlたっぷり入った化粧水をひたひたに浸して顔に載せるだけというお手軽激安パックです。家であるものでできるならこれは真似するしかないと思って早速挑戦しましたが、夜化粧を落として5分間パックをしてそのまま普通にケアをするだけで翌朝しっとりもっちりになってくれました。週に2回くらいのケアで旦那から顔がツヤツヤしてきたねと褒められてガッツポーズです。

お金を掛けなくてもこんなにお肌が綺麗になるんだなあとアイディアにはビックリしました。もっと探せばいろいろな美容テクありそうなので試してみたいと思います。

産後のおなかが戻らない、くびれを取り戻したい!

出産をして3年がたつけれど、産前の身体に戻ったものは一つもありません。体重は元に戻らず増えたままですし、胸やお尻は産後で見るも無残、張りもなくなってしまいました。また一番気になるのが、下腹部が出ているお腹ですね。胸はぺたんこになったのに、下腹部が出ているので、姿勢は悪くなり、老けた老けたと自分の親からも言われる始末です。

子供のためにいつまでも若々しいままでいたいけれど、今の体型からはそれも少し難しそう。スタイルの良い同世代のママを見るとうらやましくてなりません。もっとくびれを作りたい!と思っていますが、定期的に運動をする暇もないし、ジムに行くお金もない…。こんな考えも産前には考えられなかったこと!

全てが負の連鎖にはまっている状況だけど、こんな私でもちょっと痩せてくびれはできたらいいなあと思うのです。そしたら、もっと生活を楽しむことが出来るかな?もう一回本気で頑張ってみるかと思っている今日この頃です。

スレンダートーンVSシックスパッド!効果あるのは?|ems腹筋ベルト効果口コミナビ
こういうダイエットグッズもちょっと気になってます…ほんとに効果があるなら買うんだけどなぁ…どうかなぁ…(汗)

欠点を隠すファンデーション選びは難しい

化粧品一つを選ぶのにも大変だと感じています。ホルモンバランスが少しづつ変わってくる影響なのか、シミも増えてしまうのでそれを隠すための良いファンデーションが欲しいと常に思っています。これまではパウダーファンデーションを軽くつけるだけでも、綺麗にお化粧ができてきたのですが、今ではそれだけでは若干カバー力も少ないと感じてしまいますし、肌が乾燥するのでパウダータイプは向かないのかと思うようにもなりました。

今はリキッドファンデーションを探しているのですが、かなり種類もありますしコスメ専門サイトなどを見てみても、高評価を得ているような商品もたくさんあります。その中から自分の肌に合ったファンデーションを見つけるのはとても大変ですし、下地との合わせ方も難しいと思います。私はたくさんお化粧する方ではありませんので、ファンデーションも一般的なメーカーのものしか使わない感じでした。

ですが、他の人は色々なファンデーションと下地の組み合わせを試しているようですし、もちろん、自分の肌色に合った商品を見つけることもできているようです。私は、そのファンデーションが自分の肌色になっているのかというのもよくわからないような状態ですし、新たなサンプルをもらうごとにそちらの方が良いと思ってしまうので、今はとても迷っているような状態です。